MENU

CLOSE

脱毛サロンの脱毛は部位ごとに痛みが違う!その差をご紹介!

脱毛サロンの脱毛は部位ごとに痛みが違う!その差をご紹介!

650views

カテゴリ:脱毛サロンのシステム紹介

なぜ部位ごとに痛みの違いが生じるのか

sample_photo2

ムダ毛の脱毛部位によって痛みに違いが生じるのには、脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛の仕組みが深く関係しています。フラッシュ脱毛は毛の持つメラニン色素に反応をし、毛穴のみをピンポイントで攻撃し脱毛をします。脱毛時に日焼けをしてしまうと脱毛を断られてしまうのも、マシーンがメラニン色素、つまり黒色に反応する仕組みであるためです。 そして色が濃い方が脱毛マシーンは強く反応をし、その結果として脱毛時の痛みも強くなります。ムダ毛は全身同じ太さや濃さではありません。部位によって産毛程度のごく薄い色の毛もありますし、毛が太い部位、密集している部位などもあるでしょう。 そのため、脱毛マシーンの反応の強さの違いが生まれ、痛い部位もあればあまり痛くない部位も出てくるというわけなのです。特に全身脱毛をしたいとお考えになっている方は、この部位によって痛みに差があるという事は頭に入れておいた方が良いでしょう。 できれば痛みに問題はないか、お試しコースなどで実際に全身パーツ1回分を脱毛してみてから本契約をする事をお勧めします。口コミなども参考にはなりますが、痛みの感じ方には個人差があるため自分で体験をした方が確実だと言えるでしょう。

部位ごとの具体的な痛みについて

ago-hukidemono_comp

痛みにはどれくらいの差があるのか

まずムダ毛の脱毛は部位によってどのくらいの痛みの差があるのか、簡単にご説明をします。痛みが最も少ないところは、ほぼ無痛と言っても過言ではありません。本当にしっかりと脱毛の効果が出るのか不安になるくらい、痛みは少ないです。 一方で痛みが最も強いところは、我慢が必要なくらいの痛みになる事が多いです。脱毛サロンのフラッシュ脱毛は元々脱毛方法の中でも痛みが少ない方なので我慢できない程の痛みが生じる事はあまりありませんが、痛みに弱いという人には部位によっては結構な辛い痛みが走る事もあります。 部位による痛みの差というのはこのように小さくはありません。なので知らないまま全身脱毛などを受けてしまうと、後悔をする可能性もあるので注意をしましょう。

痛みが弱い部位

痛みが比較的弱い部位としては、毛が薄く密度も高くない顔、腕、お腹、背中、脚などがあげられます。もちろん個人差がありますし、脚などは女性でも結構毛が濃い人も少なくありません。痛みが比較的弱い部位と言われていても、毛の濃さであったり痛みに対する耐性などによっては、思ったよりも痛みが生じる可能性はあると覚えておきましょう。見極めの基準は、毛の濃さと密度です。なのでそれを基準に自分の体を見て、痛みを推測するという事もできます。また上記でも触れましたが、不安な方は一度お試しで数回だけ安く脱毛をしてみましょう。そうすれば、自分が脱毛をしたいと思っている部位の痛みの強さがわかり、覚悟を決めたり安心感をもったりする事ができます。

痛みが強い部位

痛みが強い部位は、毛太く密集している脇やVIOです。特にVIOの方はかなり痛いと口コミなどでも言われていますから、この部位で痛みを全く感じないという人はまずいないでしょう。VIOは毛が濃く密集しているという事に加えて、皮膚が薄いという条件も持ち合わせています。 それがより痛みを強くしていると考えられます。脇の方は他の部位と比べると痛みは強い傾向にあるものの、VIO程ではありません。また脱毛範囲の狭さから、すぐに終わるので我慢しやすいという事も言えるでしょう。またこういった毛が濃いような部位の方が、脱毛回数は多くなる傾向にあります。毛が立派な分、何回も脱毛をしないとしっかりと効果を得る事ができないのです。