MENU

CLOSE

ほくろ、黒ずみ、皮膚のダメージなど脱毛できない条件一覧

ほくろ、黒ずみ、皮膚のダメージなど脱毛できない条件一覧

712views

カテゴリ:ムダ毛脱毛Q&A

肌トラブルの原因となる脱毛できないケース

gatag-00012328

ほくろのある場所

サロンで行うフラッシュ脱毛は、黒い色に反応をする特殊な波長を持つ光を当てることで施術を行います。その光は毛根にダメージを与えて少しずつムダ毛の再生力を下げていく効果があるものですが、当然ムダ毛以外の黒い色にも反応をしてしまいます。 医療クリニックで行うレーザー脱毛も同様の原理で、こういった理由から肌に黒い部分がある場合にはその部分を避けて施術を行わなければなりません。処理の前後に部位を冷やす必要があったり照射の際にバチンと刺激を感じるのは、黒い部分に一瞬高熱を与えられるからです。 この熱によってムダ毛の再生力を奪うのですが、ほくろに照射をしてしまうとそこの熱が集中してしまい、火傷の恐れが生じてしまいます。そのため、施術の際には避ける必要があるのです。サロンによって対処法は異なりますが、大抵はほくろの上から白いシールを貼って反応を避けたり、器具を当てないように施術をします。

シミやアザ・傷痕などは色の濃さによって注意が必要

ほくろのように黒くないシミやアザ、傷痕の場合も、事前にスタッフが確認をして照射を断られてしまう場合があります。光を使った脱毛は色に反応してしまうので、茶色い痕や青アザ、傷の治りかけで赤くなっているような場合にも熱が発生しやすくなってしまいますから、場合によってはその部位を避けて施術を行うことになります。 乳輪の周辺もギリギリまで照射できないのは、色が濃く変化しているからです。スタッフは取り返しのつかない肌トラブルが生じてしまうことを避けるように配慮していますので、後悔しないためにも判断には従ってください。

IOラインの黒ずみ

周辺の肌色よりも色が黒ずんでいることが多いIラインとOラインですが、他の部位に比べて痛みを感じやすいのは、皮膚が薄く、そして色が黒いせいです。 下着の刺激や摩擦などでダメージを負いやすく、肌を守るためにメラニン色素が発生することが黒ずみ原因ですが、色が濃くなってしまっている場合にはやはり脱毛を断られてしまうこともあります。IOライン以外にもヒザ、ヒジ、ワキなど、黒ずみが発生しやすい部位も要注意です。

日焼けをしている場合

気をつけたいのが肌色そのものが黒くなっている場合や、日焼けをしてしまった直後の施術です。肌色が黒い場合にはメラニン色素に働きかける光を利用した脱毛の性質から、カウンセリング時に断られてしまうことが多いです。 また、施術中に日焼けをして肌が火傷を負った状態になってしまっても、やはり施術をできなくなります。事前の説明で施術中の日焼けは厳禁であり紫外線対策を徹底するように指導されますので、特に全身脱毛で露出する施術部位が多い場合には気をつけてください。

妊娠をすると施術が受けられなくなる

lgf01a201408070500

異常はなくても施術できない

サロン側の注意事項にもありますが、肌にトラブルがなく黒ずみがない場合にも、妊娠中は施術を行うことができません。口コミなどでも妊娠を伝えたら脱毛を断られてしまった、というものが見られますが、たとえ初期の段階で見た目に変化がなく、健康状態が良好であっても脱毛をすることはできないのです。 ただ、脱毛の際に使用する光の効果は子宮は胎児に悪影響を与えてしまう類のものではないため、妊娠に気付く前に施術を受けてしまったとしても心配はありません。
  • 照射の刺激が母体のストレスになること
  • 痛みが陣痛の誘発を招く危険があること
  • 施術時の体勢によっては母体の負担になること
  • 予期せぬ体調の変化を招く危険性があること
こういったことから、安全を第一に考えて妊娠時の脱毛は断られてしまいます。利用者が問題ないと判断をしても万が一の事態もありえますので、一般的に妊娠時に施術はできません。

計画的に脱毛を受けることが大切

施術途中に妊娠が発覚することもあるでしょうが、こういった場合に一旦契約を休止し、出産後に施術の再開が可能かどうか契約前に確認しておくことが大切です。脱毛は完了までに長期間かかりますので、計画的に施術を受けられるように利用者側も意識しておくことが大切です。