MENU

CLOSE

脱毛サロンの魅力は安さ!安い費用で脱毛しよう

脱毛サロンの魅力は安さ!安い費用で脱毛しよう

637views

カテゴリ:脱毛サロンのシステム紹介

三つに分かれる脱毛処理

dsc_1050

脱毛サロンの立場

ムダ毛を脱毛をする手段は、分類すると下記の種類に分けることができます。
  • 自己処理
  • 脱毛サロン
  • 医療脱毛
これらのうち、一般的に永久脱毛と呼ばれる施術に分類されるのは医療脱毛のみであるため、脱毛サロンでは永久脱毛を行うことができないことになります。では、脱毛サロンでは、医療脱毛と比べてどのような点で優れているのでしょうか。 最も大きなメリットは、ムダ毛の処理をする際の費用が脱毛サロンのほうが小さくなることです。特に、サラリーマンやOLなどの社会人として時間に追われながら生活をしている人は、自己処理で体毛を処理する時間も無くなってしまうことも珍しくないので、脱毛サロンでの処理はとても人気を集めています。

脱毛サロンはなぜ費用が安い?

脱毛サロンの費用が安いのは、施術に利用される脱毛器とそれに伴う医療費が関連しています。永久脱毛は医療脱毛に分類されるものであるため、ムダ毛の処理をするときには医療技術を活かした医療の現場でしか用いることができない高性能なレーザー機器を使うことになります。 実は、こうした高性能なレーザー機器は価格が高いだけではなく、利用する際に保険を適用させることができない側面があります。これは高性能なレーザー脱毛器を使って処理をする場合には、一般的な医療に関する保険を適用することが日本では認められていないからです。 医療における脱毛処理が国家が定める治療行為には該当していないと解釈されているので、どのような脱毛手段であっても費用の控除はありません。日本国内で医療保険が適用されるのは、身体上の症状に対して文字通り医療の力を借りないと治療をすることができない症状が存在すると考えられている時です。 通常の生活の中でも熱が出てしまった時には、それを治療してもらうために病院から薬を処方してもらうことが可能ですよね。この場合に、患者のほうが薬の費用をいちいち支出しなくてはならないと考えると、患者への医療費の負担が非常に大きくなってしまいます。そこで、治療が必要になる症状であるのならば医療保険が適用されて費用が控除されるわけです。 一方で、レーザー脱毛による医療脱毛は、身体上の治療行為ではなく本人が抱えている容姿に対するコンプレックスの解消行為であると判断されていますので、保険の適用がないわけです。これは、一部分のムダ毛の処理だけに限らず全身脱毛もそうですし、容姿を変更させる整形手術やシミの除去にもすべて当てはまります。 患者本人のコンプレックスの解消は医療保険の適用外として処理されてしまうので、特に全身脱毛をするときなどでは高額な費用が必要になってしまうわけです。その点、脱毛サロンはこうした医療的な側面が全くないので、格安の費用で施術を行うことができる大きなメリットがあります。

安くても効果が高い

lgf01a201307211800

脱毛サロンの中には、安い費用で施術ができるのに効果がとても高いサービスを提供しています。そのため、良い店舗を口コミで調べるときには必ず安いサービスを実施しているところを探す必要があります。 実際に、脱毛サロンでは医療脱毛と同じ原理で処理ができる光脱毛という施術を実施しており、出力が弱く設定されているだけなのでとても綺麗な肌にすることが可能です。そもそも、何十万円と脱毛サロンで高額な費用を支出するのならば、同じ費用を支出することによって永久脱毛である医療脱毛で処理をしたほうが遥かに効率的であることは言うまでもありません。 実際に脱毛サロンでは安いところでは1000円程度からでも脱毛処理をしてくれる店舗はかなり多いです。口コミで店舗を調べる際には信頼性や安全面を考慮しつつ、安さに配慮した店舗を探すことが大切なのです。